コース別の個別指導

塾.com

コースの豊富さ

高校生コース

高校で行われる授業は授業スピードが速いため、完璧な理解をすることが非常に難しいです。そこで、個別指導塾では、基礎基本を押さえることを目的としており、定期テスト対策中心に指導が行われます。授業のスピードが速いため、高校でテストは範囲が広くなり、対応することが非常に難しくなります。高校生コースでは学校の授業のペースに遅れないようにして授業を行いながら、基礎知識をしっかりと学ぶことができます。そうすることで、大学進学を行う際にもそういった基礎情報が役に立つのです。

中学生コース

中学生のコースでは、着実にテストの点数を挙げるために様々な取り組みを行っています。まず、テストの点数を上げるためには勉強する習慣を身につける必要があります。また、自分の苦手とする分野の克服です。塾に通うことで、いろいろなテストを受けます。そのデータを元に苦手の分野を特定してその問題に対して、徹底的に勉強をしていきます。そして、中学生コースの最大のポイントが高校受験対策です。多くの方が初めて受ける受験の対策をするために個別学習塾では様々な方法で指導が行われています。目標とする学校に受かるためには、苦手なことに対して背を向けずに学ぶことがとても大切なのです。

小学生コース

小学生の場合であれば、勉強に対してやる気が出れば成績は上がります。個別指導塾の小学生コースで学ぶことで学校の授業が分かるようになります。学校の授業を理解することができれば、自分に自信がつきます。自信がつくことで学習にも前向きに取り組むことができます。個別指導ということで、周囲を気にすることなく質問することができます。小学生の場合であれば、分からないことを聞くことが恥ずかしいと感じてしまう子が多いため、個別指導塾で学ぶことは非常にメリットの多いことなのです。

英会話コース

最近では、グローバル化となり、英語力が必須な世の中となっています。そういった世界を舞台に活躍することができる人材を育成するために近年では多くの個別指導塾では英会話コースが実施されています。小学生から学ぶことができるプログラムが組まれています。

成績を伸ばすことができない生徒の共通点(個別塾に行くことで改善できる)

勉強のやり方が間違っている

成績が伸びないことで悩んでいる方の多くが、勉強の仕方を間違えています。勉強をする中で最も大切なのが、復習です。テスト勉強のときだけ覚えるように勉強していても中々成績を上げることはできません。毎日少しの時間でもいいので、その日のことはその日に復習することがとても大切です。

分からないことがあっても質問することができない

分からないことがあったとしても、質問することが恥ずかしいという生徒が多くいます。そういった状態のままにしてしまうことで、テストでも分からず結局分からないままにしてしまう生徒が多くいるのです。

すでに勉強した前の学年の基礎から分かっていない

勉強は積み重ねがとても大切です。学校では、常に新しい勉強を学びますが基礎が分かっていないと問題を解くことができません。積み重ねが出来ていない生徒はこれから先ずっと分からないままの状態となってしまいます。

苦手な教科に関して避けてきた

苦手な教科があるから仕方がないと自分のいいように解釈をして、苦手な教科を避けてしまう生徒がいます。その結果、何にも分からないまま放置してしまうのです。そしてそれが原因となって、全体の成績をアップさせることができないのです。

宿題の量が多く十分な理解ができていない

学校の宿題の他に部活や習い事なども忙しく、宿題をまとめて行う生徒がいます。そういった生徒は宿題を行ったとしても、しっかり自分の中で理解をせずに行っているケースが多くあります。その結果、どんどん理解できなくなっていくのです。

広告募集中